TOP

The Rhizome Collective is regrouping and we are seeking not-for-profit groups who would be interested in being part of a space for community organizing. We aim to house these organizations and their operations in a new space in order to foster cross-pollination of ideas and the involvement of people doing good things. The Rhizome Collective operated such a space at 300 Allen St. for 9 years until spring 2009. We recently sold the grove field to Ecology Action to raise money for a new space and are seeking groups who would be interested in joining us.

So on May 9th at 7pm there will be a meeting of groups interested reforming the Rhizome Collective! This will be an informational session led by the current members of the Rhizome Collective where participants will learn a brief history of the Rhizome, what we have been up to lately, and how/why this might involve you. After this short presentation, we will introduce ourselves, the organizations we are part of, and open a discussion. There will be snacks!

This is the provisional mission statement and points that should unite all organizations interested in working together in this space. Please RSVP by Wednesday, May 4 and don’t hesitate to email back with any questions!

Mission Statement: To horizontally operate a nurturing, open and diverse space for groups working for fundamental change.

Points of Unity

1. Sustainability – Balancing the needs of society, the environment, and the economy by taking care of the needs of today without compromising the needs of tomorrow.

2. Solidarity – Working towards a relationship of mutual aid that implies giving & receiving, acknowledging that everyone has something to give. In our case, there is special emphasis toward creating solidarity with long term historical residents of the neighborhood.

3. Accountability – Having the focus, flexibility, and commitment necessary to accomplish measurable goals transparently.

4. Anti-oppression – We are against the use of power, both from ourselves or from others, to coerce someone to do something.

5. Power sharing – Members participate in meaningful ways in decisions that affect them

In 2004, the Rhizome Collective was donated a 9.8 acre brownfield in the Montopolis neighborhood. The property served as legally operated municipal landfill from 1967 to 1970, and was illegally dumped on for approximately fifteen years following the closure of the landfill. We received a $200,000 EPA Brownfield Cleanup Award to clean the property. From January 2005 to July 2006, we removed 680 tires, 10.1 tons and 36.5 cubic yards of trash, and 31.6 tons of recyclable metal from the site. Huge amounts of wood scrap and concrete were diverted from landfills and used for erosion control on site. A 1,380 foot fence was constructed along the southern edge of the property to prevent further dumping. The process of turning the brownfield into an Ecological Justice Education Park has begun!

Background
The project began in 2002 when the City of Austin Brownfields Redevelopment Office told us about a property that had 5,000 cubic yards of illegally dumped debris on it. The cost of removing the mountain of debris on the property would be greater than the amount that could be made back by selling the property afterwards. The owner of the property was therefore looking for a nonprofit group to donate it to. We were intrigued by the opportunity and went to see it firsthand.

Initially, the collective was daunted by the amount of work that the cleanup would entail- giant concrete boulders were intertwined with rebar, metal scrap, tires, asphalt shingles, and household trash. However, we were able to see beyond the towering garbage pile, and envisioned creating an ecological justice park in a beautiful urban greenspace.

We decided to apply for an EPA Brownfield Cleanup Award. The grant provides federal funding to clean contaminated properties. In our application we outlined a vision to use innovative sustainable technologies to clean the debris from the site. Instead of just moving the trash to another landfill, it would be utilized to build infrastructure for the park we wished to create.

The Rhizome Collective received many strong letters of support from the Austin community, who knew and valued our work over the years. In June of 2004, we learned that we had been chosen to receive the highly competitive grant. EPA officials later told Rhizome the commitment to sustainable technologies distinguished their proposal from the many others.

The Cleanup
The cleanup officially began in January 2005 when the multi-person crew and generous volunteers took on the formidable task of taking down the 25 foot tall by 600 foot long sheer wall of debris located on the site. A giant jigsaw puzzle that needed to be undone piece by piece, crew members carefully dismantled this monolithic mountain of trash. Years of illegal contractor dumping created a mosaic of mangled roofing tin wrapped around the few trees that dared to grow up through the heaps of rotting wood scraps and crumbling asphalt shingles. Massive blocks of concrete were balanced perilously on compacted mounds of household junk. Twisted iron rebar rods protruded from the concrete chunks on all sides, holding the massive cliff face of debris together like an industrial root system.

The rebar pieces needed to be cut one by one with an oxygen-acetylene torch to reach the trash pinned beneath. Constant vigilance was required to ensure each cut did not trigger an avalanche of concrete boulders.

A tractor powered by vegetable oil played a critical role. Expediting the cleanup, it extracted tires and tangled unidentifiable metal objects, and pulled down concrete blocks.

All debris was separated into piles based on its potential to be recycled: metal, asphalt shingles, wood scraps, tires, concrete, glass and mixed trash. All the metal and glass were taken to local recycling facilities. Some wood was put through a chipper/shredder to create mulch for trails while some was used as erosion control to fill in a badly eroded gully. Concrete was consolidated and kept on site as a legal fill to be used in building infrastructure for the park in the future. The disposal of tires was donated by the City of Austin Solid Waste Services. We searched for a local recycler of asphalt shingles, but found none. The only option was to landfill the shingles along with the mixed household trash pulled of the pile. A single barrel of an unidentified petroleum-based liquid was removed by a specialist from the City of Austin Solid Waste Services. A metal barrel that was mired in the pond on the brownfield was discovered to have been rusted through and its contents presumed emptied long ago. The barrel was recycled with the other metal debris.

As there is no power on the site, combinations of biofuel generators and solar panels were set up to power equipment. Other examples of sustainable technologies employed included chainsaws inoculated with fungi spore laden oil (used to assist in the degradation of residual pollutants), and the construction of floating islands made from recovered soda bottles. The islands create habitat for diverse aquatic life forms that bioremediate toxins flowing through the retention pond on the property.

The Collective also arranged community meetings in order to share their plans for the land with the neighbors and to receive the community’s feedback. It was very important to us to have the input of the local community. These meetings took place in the Rhizome Collective’s warehouse, as well as less formal spaces such as neighborhood picnics and barbeques on the property.

Throughout the cleanup, we collaborated closely with the City of Austin. Along with the Brownfields Redevelopment Office and Solid Waste Services, we coordinated large scale volunteer cleanups on several different weekends. Solid Waste Services donated the disposal of unrecyclable materials collected at these cleanups. During KAB Clean Sweep 2005, 6.1 tons of trash was collected from the Rhizome Brownfield alone!

Volunteers played an important role in the cleanup. During the two years of the cleanup, more than 175 people volunteered!
The cleanup received considerable attention from local media. Rhizome members were interviewed by newspapers and television news crews.

彼らはすぐに気づいたことなく、新しい知人と無防備なセックスでロマンチックな夜は、不愉快な結果をもたらす可能性がある。性感染症や正確なSTI(性感染症-性感染症)などのクラミジア、淋病(淋病)と梅毒はドイツでもあり、スイスとオーストリアの増加問題-ホモと異性愛者の両方。

1感染では検出されないかだけで表現される不快なかゆみ。一方では、性感染症はに発展する生命を脅かす感染、あるいは癌。一つは、性感染症は、感染とその仲間の人間に危険であり、一定です。あなたは性病とどのように増加する脅威から身を守るために知っておくべきかを調べます。

どのような性的感染症を送信していますか?

性感染症は、性的接触を介して送信することができる疾患です。彼らはまた、英語、触発され、呼ばれているSTI(性感染症)またはSTD(性感染症)。薬剤は、問題の中心にあるように

細菌(例えば、淋病/淋病、クラミジアや梅毒)
ウイルス(例えば、陰部ヘルペス、HIV /エイズ、B型肝炎/ Cおよびヒトパピローマウイルス)
キノコ(例えば膣真菌症)
原生動物(例えば、トリコモナス症)と
節足動物(例えば毛ジラミ)。
また、いくつかの感染が同時に発生します。

性病検査キット 費用

性病検査キットの価格は、4000円~20000円まで様々ですが、検査項目の数により値段が変わります。

病院で検査を受けると、症状が出ないと健康保険がおりないので、検査費用は同額になりますが、初診料や医者の診察費をとられるので高くつきます。

性病検査キット 安い

現在、6社程度が検査キットを販売していますが、比較すると宅配ドクターの検査キットが比較的安いと言えます。

性感染症(STDとも呼ばれる)は性行為により感染する疾病の総称で、以前は性病と呼ばれておりました。

また、性行為だけではなく類似行為からも性感染症に感染するリスクがあります。

いずれの種類の病気もは顕著では無いので、感染に気づかずパートナーに感染させてしまうリスクがあるので十分に注意しましょう。

ほぼすべてのケースで、 コンドームはこのリスクからあなたを保護するのに役立ちます。

性的行為の種類と、それらに関連するリスクについては、この記事全体を読むこともできます。

男性のペニスが女性の膣に入ったときコンドームを使用しない場合は、妊娠および性感染症に乗る又は通過のリスクがあります。

リスクがある性感染症とは、クラミジア、性器ヘルペス、尖形コンジローム、淋病、HIV、梅毒 などです。

感染症は、ペニスが完全に膣に入らないか、男性が射精していなくても感染することができます。

感染症が予め射精液に存在することができるからでです。

膣に陰茎を挿入する場合は、両方のパートナーにリスクがありますが、コンドームを使用すると、感染を防ぐのに役立ちます。

参照:女性の症状妊娠を防ぐために、避妊の多くの方法があります避妊注射、避妊パッチ、避妊インプラントと組み合わせたピルはなどがありますが、コンドームが妊娠や性感染症の両方から守る避妊の唯一の方法であることを心に留めて、常にコンドームなど避妊を選択すると良いでしょう。

ペニスがパートナーの肛門に入ったとき男性と女性は、肛門性交をしても感染のリスクはあります。

アナルセックスは、性的活動の多くの他のタイプよりも性感染症を広めるのリスクが高い可能性を持っています。

肛門の粘膜感染に対してより脆弱で、薄く、容易に損傷され得るからである。

性感染症リスクは、クラミジア、性器ヘルペス、尖形コンジローム、淋病、HIV、梅毒で、コンドームは、アナルセックスをする時に性感染症から身を守るのに役立ちます。

これら有害なウィルスや細菌がある一方、人間にはお互いに共存している細菌があり腸内細菌と言いいます。

人間の免疫にも排除されず人間の体内で生きていける細菌群で、有益な菌を善玉菌、有害な菌を悪玉菌と言います。

人間の健康は腸内で善玉菌が優勢だと健康になり悪玉菌が優勢だと健康が悪化します。

これら善玉菌を増やし健康になろうと言う考え方をプロバイオティクスと呼び近年注目を集めています。

薬局から入手が可能であり、潤滑剤を使用してください。

このような化粧水や保湿剤などの油性の潤滑剤は、ラテックスコンドームが壊れたり故障することがあります。

オーラルセックスは膣、陰茎や肛門を吸ったり舐めることも含まれます。

男性と女性は、それらの性生活の一部としてこれを行うことを選択します。

オーラルSEXは、性病に感染している場合性感染症を渡すの危険があります。

パートナーが感染症を持っている場合、のいずれかがただれや口の周りの傷、性器や肛門がある場合増加でそれを渡す危険があります。

精液、膣液または血液中に存在し得るウイルスおよび細菌は、皮膚の切れ間パートナーの体内へより容易に移動することができるからである。

オーラルセックスを与えるときよりもオーラルセックスを受けたたときに、感染のリスクが低いことが考えられています。

オーラルセックスを与えたとき、あなたはあなたのパートナーの性器液(精液や膣分泌液)と接触しないためです。

しかし、感染の危険性は依然としてあります。

オーラルセックスを通して性感する病気は、クラミジア 、ヘルペス(口の周りや性器や肛門に口唇ヘルペスを引き起こす可能性があり、1型および2型)尖形コンジローム、淋病、肝炎、HIV 、梅毒などがあります。

あなたが口唇ヘルペスを持っていて、あなたのパートナーオーラルセックスを与える場合は、ヘルペスウイルスに感染させることがあります。

同様に、ヘルペスは性器から口に渡すことができます。

経口セックスの最中にHIVを得ることの危険性は低いと考えられています。

口、性器や肛門のどに傷がある場合にリスクが高くなります。

オーラルセックスをより安全にすることができるコンドームを、口と性器の間の障壁として機能する。

肛門や女性器全体でダム(非常に薄い軟質プラスチックの二乗)は感染から保護することができます。

コンドームは、さまざまな種類が利用可能ですが、オーラルセックスの最中にコンドームの任意の種類を使用することができます。

誰かが自分のパートナーの膣や肛門に1本以上の指を挿入したとき一般的ではないですが、リスクは残っています。

どんなに小さな指に任意の切り傷や傷がある場合、HIVやB型肝炎やCが増加するなど、他の血液媒介感染症を得ることの危険性があります。

一部の人々は徐々に相手の膣や肛門(スティングと呼ばれる)に手全体を挿入します。

彼らのパートナーと接触する任意の切り傷または傷ついた皮膚を有する場合に、再度、感染の危険性が高くなります。

手術用手袋を身に着けていることによって、リスクを下げることができます。

セックスで使用される任意のおもちゃは、この使用のために設計されたかどうだかどうか大人のおもちゃ呼び出すことができます。

それは、きれいな大人のおもちゃを保つことが重要です。

大人のおもちゃを共有している場合は、ユーザー間でそれらを洗浄し、その上に新しいコンドームを置くことを確認してください。

大人のおもちゃを共有するようなクラミジア、梅毒やヘルペスなどの感染症に乗ると渡すなどのリスクを持っています。

膣、肛門やペニスの周りの任意の切り傷や傷があると血があれば、B型肝炎、C型肝炎とHIVの伝承の危険性が高くなります。

一部の人々は彼らの性生活の一部として、パートナーに排尿することを選択し、他にはありません

排尿の方ではない壊れた肌を持っていない場合には、感染を渡すの比較的低いリスクがあります。

糞(うんち)はリスクがあり病気や感染症を引き起こす可能性があります生物が含まれています。

糞は通常、HIVが含まれていませんが、それらはA型肝炎ウイルスを含むことができます。

なので、ゲイの方は性行為をする時には十分注意しなければなりません。

エイズになったら未来はどうなるのでしょうか?

家族はどう思うのでしょうか?

糞が壊れ皮膚、口や目に接触したときに感染の可能性があります。

セックスを透過した疾患は、一般的なほとんどの感染症の一つである。

そこセックスを透過した20以上の病気があり、エイズは最も深刻な疾患またはある症候群ヒト免疫不全に起因します。

性別や梅毒、淋病と茶色、およびクラミジアを介して他の感染症ではこれはセックスとどのように診断、治療および予防されるいくつかの一般的な疾患です。